電験3種過去問【2021年理論 問3】

【電磁気】強磁性体の遮へい効果《空所問題》

 次の文章は、強磁性体の応用に関する記述である。
 磁界中に強磁性体を置くと、周囲の磁束は、磁束が【(ア)】強磁性体の【(イ)】を通るようになる。このとき、強磁性体を中空にしておくと、中空の部分には外部の磁界の影響がほとんど及ばない。このように、強磁性体でまわりを囲んで、磁界の影響が及ばないようにすることを【(ウ)】という。

 上記の記述中の空白個所(ア)~(ウ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ)
(1) 通りにくい 内部 磁気遮へい
(2) 通りにくい 外部 磁気遮へい
(3) 通りにくい 外部 静電遮へい
(4) 通りやすい 内部 磁気遮へい
(5) 通りやすい 内部 静電遮へい

解答と解説はこちら

解答

(4)

解説

磁気遮へいに関する記述である。

 磁界中に強磁性体を置くと、周囲の磁束は、磁束が(ア)通りやすい強磁性体の(イ)内部を通るようになる。このとき、強磁性体を中空にしておくと、中空の部分には外部の磁界の影響がほとんど及ばない。このように、強磁性体でまわりを囲んで、磁界の影響が及ばないようにすることを(ウ)磁気遮へいという。