電験3種過去問【2021年電力 問8】

【変電所】断路器に関する記述《正誤問題》

 変電所の断路器に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)断路器は消弧装置をもたないため、負荷電流の遮断を行うことはできない。

(2)断路器は機器の点検や修理の際、回路を切り離すのに使用する。断路器で回路を開く前に、まず遮断器で故障電流や負荷電流を切る必要がある。

(3)断路器を誤って開くと、接触子間にアークが発生し、焼損や短絡事故を生じることがある。

(4)断路器の種類によっては、短い線路や母線の地絡電流の遮断が可能な場合がある。

(5)断路器の誤操作防止のため、一般にインタロック装置が設けられている。

解答と解説はこちら

解答

(4)

解説

(4)断路器の種類によっては、短い線路や母線の地絡電流の遮断が\(\fbox{(誤)可能な場合がある}\)

断路器の種類に関わらず、無負荷電流以外の開閉は行ってはならない