電験3種過去問【2021年電力 問3】

【火力発電】ボイラ設備に関する記述《正誤問題》

 汽力発電におけるボイラ設備に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)ボイラを水の循環方式によって分けると、自然循環ボイラ、強制循環ボイラ、貫流ボイラがある。

(2)蒸気ドラム内には汽水分離器が設置されており、蒸発管から送られてくる飽和蒸気と水を分離する。

(3)空気予熱器は、煙道ガスの余熱を燃焼用空気に回収することによって、ボイラ効率を高めるためのものである。

(4)節炭器は、煙道ガスの余熱を利用してボイラ給水を加熱することによって、ボイラ効率を高めるためのものである。

(5)再熱器は、高圧タービンで仕事をした蒸気をボイラに戻して再加熱し、再び高圧タービンで仕事をさせるためのもので、熱効率の向上とタービン翼の腐食防止のために用いられている。

解答と解説はこちら

解答

(5)

解説

(5)再熱器は、高圧タービンで仕事をした蒸気をボイラに戻して再加熱し、再び\(\fbox{(誤)高圧タービン⇒(正)中圧・低圧タービン}\)で仕事をさせるためのもので、熱効率の向上とタービン翼の腐食防止のために用いられている。