電験3種過去問【2020年電力 問5】

【新エネルギー発電】太陽光発電に関する知識《空所問題》

 次の文章は、太陽光発電に関する記述である。
 太陽光発電は、太陽電池の光電効果を利用して太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する。地球に降り注ぐ太陽光エネルギーは、1m2当たり1秒間に約【(ア)】kJに相当する。太陽電池の基本単位はセルと呼ばれ、【(イ)】V程度の直流電圧が発生するため、これを直列に接続して電圧を高めている。太陽電池を系統に接続する際は、【(ウ)】により交流の電力に変換する。
 一部の地域では太陽光発電の普及によって【(エ)】に電力の余剰が発生しており、余剰電力は揚水発電の揚水に使われているほか、大容量蓄電池への電力貯蔵に活用されている。

 上記の記述中の空白個所(ア)~(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 10 1 逆流防止ダイオード 日中
(2) 10 10 パワーコンディショナ 夜間
(3) 1 1 パワーコンディショナ 日中
(4) 10 1 パワーコンディショナ 日中
(5) 1 10 逆流防止ダイオード 夜間

解答と解説はこちら

解答 

(3)

解説

 太陽光発電は、太陽電池の光電効果を利用して太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する。地球に降り注ぐ太陽光エネルギーは、1m2当たり1秒間に約(ア)1kJに相当する。太陽電池の基本単位はセルと呼ばれ、(イ)1V程度の直流電圧が発生するため、これを直列に接続して電圧を高めている。太陽電池を系統に接続する際は、(ウ)パワーコンディショナにより交流の電力に変換する。
 一部の地域では太陽光発電の普及によって(エ)日中に電力の余剰が発生しており、余剰電力は揚水発電の揚水に使われているほか、大容量蓄電池への電力貯蔵に活用されている。