電験3種過去問【2013年電力 問8】

【送電】架空送電線路の構成要素に関する記述《正誤問題》

 架空送電線路の構成要素に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)鋼心アルミより線(ACSR):中心に亜鉛メッキ鋼より線を配置し、その周囲に硬アルミ線を同心円状により合わせた電線。

(2)アーマロッド:クランプ部における電線の振動疲労防止対策及び溶断防止対策として用いられる装置。

(3)ダンパ:微風振動に起因する電線の疲労、損傷を防止する目的で設置される装置。

(4)スペーサ:多導体方式において、負荷電流による電磁吸引力や強風などによる電線相互の接近・衝突を防止するために用いられる装置。

(5)懸垂がいし:電圧階級に応じて複数個を連結して使用するもので、棒状の絶縁物の両側に連結用金具を接着した装置。

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

(5)懸垂がいし:電圧階級に応じて複数個を連結して使用するもので、(誤)棒状⇒(正)笠状の絶縁物の両側に連結用金具を接着した装置。