電験3種過去問【2020年電力 問4】

【原子力発電】原子燃料に関する知識《空所問題》

 次の文章は、原子燃料に関する記述である。
 核分裂は様々な原子核で起こるが、ウラン235などのように核分裂を起こし、連鎖反応を持続できる物質を【(ア)】といい、ウラン238のように中性子を吸収して【(ア)】になる物質を【(イ)】という。天然ウランの中に含まれるウラン235は約【(ウ)】%で、残りは核分裂をおこしにくいウラン238である。ここで、ウラン235の濃度が天然ウランの濃度を超えるものは、濃縮ウランと呼ばれており、濃縮度3%から5%程度の【(エ)】は原子炉の核燃料として使用される。

 上記の記述中の空白個所(ア)~(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 核分裂性物質 親物質 1.5 低濃縮ウラン
(2) 核分裂性物質 親物質 0.7 低濃縮ウラン
(3) 核分裂生成物 親物質 0.7 高濃縮ウラン
(4) 核分裂生成物 中間物質 0.7 低濃縮ウラン
(5) 放射性物質 中間物質 1.5 高濃縮ウラン

解答と解説はこちら

解答 

(2)

解説

 核分裂は様々な原子核で起こるが、ウラン235などのように核分裂を起こし、連鎖反応を持続できる物質を(ア)核分裂性物質といい、ウラン238のように中性子を吸収して(ア)核分裂性物質になる物質を(イ)親物質という。

天然ウランの中に含まれるウラン235は約(ウ)0.7%で、残りは核分裂をおこしにくいウラン238である。ここで、ウラン235の濃度が天然ウランの濃度を超えるものは、濃縮ウランと呼ばれており、濃縮度3%から5%程度の(エ)低濃縮ウランは原子炉の核燃料として使用される。