電験3種過去問【2014年電力 問8】

【送電】架空送電線路の雷害対策に関する記述《正誤問題》

 架空送電線路の雷害対策に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)直撃雷から架空送電線を遮へいする効果を大きくするためには、架空地線の遮へい角を小さくする。

(2)送電用避雷装置は雷撃時に発生するアークホーン間電圧を抑制できるので、雷による事故を抑制できる。

(3)架空地線を多条化することで、架空地線と電力線間の結合率が増加し、鉄塔雷撃時に発生するアークホーン間電圧が抑制できるので、逆フラッシオーバの発生が抑制できる。

(4)二回線送電線路で、両回線の絶縁に格差を設け、二回線にまたがる事故を抑制する方法を不平衡絶縁方式という。

(5)鉄塔塔脚の接地抵抗を低減させることで、電力線への雷撃に伴う逆フラッシオーバの発生を抑制できる。

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

(5)鉄塔塔脚の接地抵抗を低減させることで、(誤)電力線⇒(正)架空地線への雷撃に伴う逆フラッシオーバの発生を抑制できる。