電験3種過去問【2020年電力 問3】

【火力発電】汽力発電所の保護装置に関する知識《正誤問題》

 次の a)~ e)の文章は、汽力発電所の保護装置に関する記述である。
 これらの文章の内容について、適切なものと不適切なものの
組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

 a)蒸気タービンの回転速度が定格を超える一定値以上に上昇すると、自動的に蒸気止弁を閉じて、タービンを停止する非常調速機が設置されている。

 b)ボイラ水の循環が円滑に行われないとき、水管の焼損事故を防止するため、燃料を遮断してバーナを消火させる燃料遮断装置が設置されている。

 c)負荷の緊急遮断等によって、ボイラ内の蒸気圧力が一定限度を超えたとき、蒸気を放出させて機器の破損を防ぐため、蒸気加減弁が設置されている。

 d)蒸気タービンの軸受油圧が異常低下したとき、タービンを停止させるトリップ装置が設置されている。

 e)発電機固定子巻線の内部短絡を検出・保護するために、比率差動継電器が設置されている。

  a b c d e
(1) 適切 適切 不適切 適切 適切
(2) 不適切 不適切 不適切 不適切 適切
(3) 適切 適切 不適切 適切 不適切
(4) 不適切 適切 適切 不適切 適切
(5) 不適切 不適切 適切 適切 不適切

解答と解説はこちら

解答 

(1)

解説

 a)蒸気タービンの回転速度が定格を超える一定値以上に上昇すると、自動的に蒸気止弁を閉じて、タービンを停止する非常調速機が設置されている。正しい

 b)ボイラ水の循環が円滑に行われないとき、水管の焼損事故を防止するため、燃料を遮断してバーナを消火させる燃料遮断装置が設置されている。正しい

 c)負荷の緊急遮断等によって、ボイラ内の蒸気圧力が一定限度を超えたとき、蒸気を放出させて機器の破損を防ぐため、蒸気加減弁安全弁(逃がし弁)が設置されている。

 d)蒸気タービンの軸受油圧が異常低下したとき、タービンを停止させるトリップ装置が設置されている。正しい

 e)発電機固定子巻線の内部短絡を検出・保護するために、比率差動継電器が設置されている。正しい