電験3種過去問【2015年電力 問2】

【火力発電】火力発電所の再生再熱サイクルに関する記述《正誤問題》

 汽力発電所における再生サイクル及び再熱サイクルに関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)再生サイクルは、タービン内の蒸気の一部を抽出して、ボイラの給水加熱を行う熱サイクルである。

(2)再生サイクルは、復水器で失う熱量が減少するため、熱効率を向上させることができる。

(3)再生サイクルによる熱効率向上効果は、抽出する蒸気の圧力、温度が高いほど大きい。

(4)再熱サイクルは、タービンで膨張した湿り蒸気をボイラの過熱器で加熱し、再びタービンに送って膨張させる熱サイクルである。

(5)再生サイクルと再熱サイクルを組み合わせた再熱再生サイクルは、ほとんどの大容量汽力発電所で採用されている。

解答と解説はこちら

解答

(4)

解説

(4)再熱サイクルは、タービンで膨張した湿り蒸気をボイラの(誤)過熱器⇒(正)再熱器で加熱し、再びタービンに送って膨張させる熱サイクルである。