電験3種過去問【2010年電力 問14】

【材料】絶縁油に関する記述《空所問題》

 絶縁油は変圧器やOFケーブルなどに使用されており、一般に絶縁破壊電圧は大気圧の空気と比べて【(ア)】、誘電正接は空気よりも【(イ)】。電力用機器の絶縁油として古くから【(ウ)】が一般的に用いられてきたが、OFケーブルやコンデンサでより優れた低損失性や信頼性が求められる仕様のときには【(エ)】が採用される場合もある。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる語句として、正しいものを組み合わせたのは次のうちどれか。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 低く 小さい 植物油 シリコーン油
(2) 高く 大きい 鉱物油 重合炭化水素油
(3) 高く 大きい 植物油 シリコーン油
(4) 低く 小さい 鉱物油 重合炭化水素油
(5) 高く 大きい 鉱物油 シリコーン油

解答と解説はこちら

解答

(5)

解説

 絶縁油は変圧器やOFケーブルなどに使用されており、一般に絶縁破壊電圧は大気圧の空気と比べて(ア)高く、誘電正接は空気よりも(イ)大きい。電力用機器の絶縁油として古くから(ウ)鉱物油が一般的に用いられてきたが、OFケーブルやコンデンサでより優れた低損失性や信頼性が求められる仕様のときには(エ)重合炭化水素油が採用される場合もある。