電験3種過去問【2014年電力 問9】

【送電】架空送電線路のコロナ放電に関する記述《正誤問題》

 架空送電線路におけるコロナ放電及びそれにかかわる障害に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)電線表面電界がある値を超えると、コロナ放電が発生する。

(2)コロナ放電が発生すると、電線や取り付け金具で腐食が生じることがある。

(3)単導体方式は、多導体方式に比べてコロナ放電の発生を抑制できる。

(4)コロナ放電が発生すると、電気エネルギーの一部が音、光、熱などに変換され、コロナ損という電力損失が生じる。

(5)コロナ放電が発生すると、架空送電線近傍で誘導障害や受信障害が生じることがある。

解答と解説はこちら

解答 

(3)

解説

(3)(誤)単導体方式は、多導体方式に比べて⇒(正)多導体方式は、単導体方式に比べてコロナ放電の発生を抑制できる。