電験3種過去問【2013年電力 問7】

【変電】真空遮断器に関する記述《空所問題》

 次の文章は、真空遮断器の構造や特徴に関する記述である。
 真空遮断器の開閉電極は、【(ア)】内に密閉され、電極を開閉する操作機構、可動電極が動作しても真空を保つ【(イ)】、回路と接続する導体などで構成されている。
 電路を開放した際に発生するアーク生成物は、真空中に拡散するが、その後、絶縁筒内部に付着することで、その濃度が下がる。
 真空遮断器は、空気遮断器と比べると動作時の騒音が【(ウ)】、機器は小形軽量である。また、真空遮断器はガス遮断器と比べると電圧が【(エ)】系統に広く使われている。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 真空バルブ ベローズ 小さく 高い
(2) パッファシリンダ ベローズ 大きく 高い
(3) 真空バルブ ベローズ 小さく 低い
(4) パッファシリンダ ブッシング変流器 小さく 高い
(5) 真空バルブ ブッシング変流器 大きく 低い

解答と解説はこちら

解答 

(3)

解説

 真空遮断器の開閉電極は、(ア)真空バルブ内に密閉され、電極を開閉する操作機構、可動電極が動作しても真空を保つ(イ)ベローズ、回路と接続する導体などで構成されている。
 電路を開放した際に発生するアーク生成物は、真空中に拡散するが、その後、絶縁筒内部に付着することで、その濃度が下がる。
 真空遮断器は、空気遮断器と比べると動作時の騒音が(ウ)小さく、機器は小形軽量である。また、真空遮断器はガス遮断器と比べると電圧が(エ)低い系統に広く使われている。