電験3種過去問【2019年電力 問5】

【火力発電】コンバインドサイクル発電に関する記述《正誤問題》

 ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコンバインドサイクル発電に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)燃焼用空気は、空気圧縮機、燃焼器、ガスタービン、排熱回収ボイラ、蒸気タービンを経て、排ガスとして煙突から排出される。

(2)ガスタービンを用いない同容量の汽力発電に比べて、起動停止時間が短く、負荷追従性が高い。

(3)ガスタービンを用いない同容量の汽力発電に比べて、復水器の冷却水量が少ない。

(4)ガスタービン入口温度が高いほど熱効率が高い。

(5)部分負荷に対応するための、単位ユニット運転台数の増減が可能なため、部分負荷時の熱効率の低下が小さい。

解答と解説はこちら

解答

(1)

解説

(1)燃焼用空気は、空気圧縮機、燃焼器、ガスタービン、排熱回収ボイラ、(誤)蒸気タービンを経て、排ガスとして煙突から排出される。

※排熱回収ボイラにより熱回収して、給水ポンプから送られてきた水を高温・高圧の蒸気として、蒸気タービンに送る。したがって、燃焼用空気が蒸気タービンを直接通ることはない。