電験3種過去問【2019年電力 問6】

【変電】ガス絶縁開閉装置に関する記述《正誤問題》

 ガス絶縁開閉装置に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)ガス絶縁開閉装置の充電部を支持するスペーサにはエポキシ等の樹脂が用いられる。

(2)ガス絶縁開閉装置の絶縁ガスは、大気圧以下のSF6ガスである。

(3)ガス絶縁開閉装置の金属容器内部に、金属異物が混入すると、絶縁性能が低下することがあるため、製造時や据え付け時には、金属異物が混入しないよう、細心の注意が払われる。

(4)我が国では、ガス絶縁開閉装置の保守や廃棄の際、絶縁ガスの大部分は回収されている。

(5)絶縁性能の高いガスを用いることで装置を小形化でき、気中絶縁の装置を用いた変電所と比較して、変電所の体積と面積を大幅に縮小できる。

解答と解説はこちら

解答 

(2)

解説

(2)ガス絶縁開閉装置の絶縁ガスは、大気圧(誤)以下⇒(正)以上のSF6ガスである。

ガス絶縁開閉装置で使用されるガス圧は0.3~0.6[MPa]が標準的である。大気圧は1024[hPa]=0.1024[MPa]であるので、絶縁ガスは大気圧以上で使用される。