電験3種過去問【2019年電力 問10】

【送電】コロナ損に関する記述《空所問題》

 次の文章は、コロナ損に関する記述である。
 送電線に高電圧が印加され、【(ア)】がある程度以上になると、電線からコロナ放電が発生する。コロナ放電が発生するとコロナ損と呼ばれる電力損失が生じる。そこで、コロナ放電の発生を抑えるために、電線の実効的な直径を【(イ)】するために【(ウ)】する、線間距離を【(エ)】する、などの対策がとられている。コロナ放電は、気圧が【(オ)】なるほど起こりやすくなる。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)及び(オ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ)
(1) 電流密度 大きく 単導体化 大きく 低く
(2) 電線表面の電界強度 大きく 多導体化 大きく 低く
(3) 電流密度 小さく 単導体化 小さく 高く
(4) 電線表面の電界強度 小さく 単導体化 大きく 低く
(5) 電線表面の電界強度 大きく 多導体化 小さく 高く

解答と解説はこちら

解答 

(2)

解説

 送電線に高電圧が印加され、(ア)電線表面の電界強度がある程度以上になると、電線からコロナ放電が発生する。コロナ放電が発生するとコロナ損と呼ばれる電力損失が生じる。そこで、コロナ放電の発生を抑えるために、電線の実効的な直径を(イ)大きくするために(ウ)多導体化する、線間距離を(エ)大きくする、などの対策がとられている。コロナ放電は、気圧が(オ)低くなるほど起こりやすくなる。