電験2種過去問【2020年電力 問2】

【送電】架空送電線路の雷害対策《空所問題》

 次の文章は、架空送電線路の雷害対策に関する記述である。文中の【  】に当てはまる最も適切なものを回答群の中から選べ。
 架空送電線路の雷害対策として、送電線への【(1)】を防止するために架空地線を設置することが有効である。架空地線の条数を増やせば、【(2)】は小さくなり、遮へい効率は向上する。架空地線や鉄塔に雷撃が生じると、雷撃電流は鉄塔を通して大地に流れる。これによって鉄塔の【(3)】が上昇し、がいし連の絶縁耐力を超えると鉄塔から電力線に【(4)】が発生する。これを防止するためには、塔脚の接地抵抗を小さくする必要があり、棒状の接地電極を埋め込むが土壌の性質によっては【(5)】を設けたりする。

[問2の回答群]    
(イ)電磁誘導電流 (ロ)逆フラッシオーバ (ハ)抵抗
(ニ)混触 (ホ)アーマロッド (ヘ)結合係数
(ト)電流 (チ)遮へい角 (リ)電位
(ヌ)直撃雷 (ル)アークホーン (ヲ)正フラッシオーバ
(ワ)インパルス (カ)埋設地線 (ヨ)誘導雷

解答と解説はこちら

解答

(1): (ヌ)
(2): (チ)
(3): (リ)
(4): (ロ)
(5): (カ)

解説

 架空送電線路の雷害対策として、送電線への(1)直撃雷を防止するために架空地線を設置することが有効である。架空地線の条数を増やせば、(2)遮へい角は小さくなり、遮へい効率は向上する。架空地線や鉄塔に雷撃が生じると、雷撃電流は鉄塔を通して大地に流れる。これによって鉄塔の(3)電位が上昇し、がいし連の絶縁耐力を超えると鉄塔から電力線に(4)逆フラッシオーバが発生する。これを防止するためには、塔脚の接地抵抗を小さくする必要があり、棒状の接地電極を埋め込むが土壌の性質によっては(5)埋設地線を設けたりする。