電験3種過去問【2010年電力 問9】

【変電】変流器に関する記述《空所問題》

 計器用変成器において、変流器の二次端子は、常に【(ア)】負荷を接続しておかなければならない。特に、一次電流(負荷電流)がながれている状態では、絶対に二次回路を【(イ)】してはならない。これを誤ると、二次側に大きな【(ウ)】が発生し【(エ)】が過大となり、変流器を焼損する恐れがある。また、一次端子のある変流器は、その端子を比測定線路に【(オ)】に接続する。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)及び(オ)に当てはまる語句として、正しいものを組み合わせたのは次のうちどれか。

  (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ)
(1) 高インピーダンス 開放 電圧 銅損 並列
(2) 低インピーダンス 短絡 誘導電流 銅損 並列
(3) 高インピーダンス 短絡 電圧 鉄損 直列
(4) 高インピーダンス 短絡 誘導電流 銅損 直列
(5) 低インピーダンス 開放 電圧 鉄損 直列

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

 計器用変成器において、変流器の二次端子は、常に(ア)低インピーダンス負荷を接続しておかなければならない。特に、一次電流(負荷電流)がながれている状態では、絶対に二次回路を(イ)開放してはならない。これを誤ると、二次側に大きな(ウ)電圧が発生し(エ)鉄損が過大となり、変流器を焼損する恐れがある。また、一次端子のある変流器は、その端子を比測定線路に(オ)直列に接続する。