電験3種過去問【2010年電力 問4】

【原子力発電】加圧水型原子炉(PWR)に関する記述《正誤問題》

 わが国における商業発電用の加圧水型原子炉(PWR)の記述として、正しいのは次のうちどれか。

(1)炉心内で水を蒸発させて、蒸気を発生する。

(2)再循環ポンプで炉心内の冷却水流量を変えることにより、蒸気泡の発生量を変えて出力を調整できる。

(3)高温・高圧の水を、炉心から蒸気発生器に送る。

(4)炉心と蒸気発生器で発生した蒸気を混合して、タービンに送る。

(5)炉心を通って放射線を受けた蒸気が、タービンを通過する。

解答と解説はこちら

解答

(3)

解説

(1)炉心内で水を蒸発させて、蒸気を発生する。
(誤)沸騰水形原子炉(BWR)の特徴

(2)再循環ポンプで炉心内の冷却水流量を変えることにより、蒸気泡の発生量を変えて出力を調整できる。
(誤)沸騰水形原子炉(BWR)の特徴

(3)高温・高圧の水を、炉心から蒸気発生器に送る。
(正)加圧水形原子炉(PWR)の特徴

(4)炉心と蒸気発生器で発生した蒸気を混合して、タービンに送る。
(誤)炉心で蒸気を発生させるのは、沸騰水形原子炉(BWR)の特徴であるが、BWRは蒸気発生器は持たない。このような形式はない。

(5)炉心を通って放射線を受けた蒸気が、タービンを通過する。
(誤)沸騰水形原子炉(BWR)の特徴