電験3種過去問【2009年電力 問2】

【発電機一般】発電機の水素冷却方式に関する記述《正誤問題》

 タービン発電機の水素冷却方式について、空気冷却方式と比較した場合の記述として、誤っているのは次のうちどれか。

(1)水素は空気に比べ比重が小さいため、風損を減少することができる。

(2)水素を封入し全閉形となるため、運転中の騒音が少なくなる。

(3)水素は空気より発電機に使われている絶縁物に対して化学反応を起こしにくいため、絶縁物の劣化が減少する。

(4)水素は空気に比べ比熱が小さいため、冷却効果が向上する。

(5)水素の漏れを防ぐため、密封油装置を設けている。

解答と解説はこちら

解答 

(4)

解説

(4)水素は空気に比べ比熱が(誤)小さい⇒(正)大きいため、冷却効果が向上する。