電験3種過去問【2014年理論 問2】

【電磁気】静電誘導に関する知識《正誤問題》

 次の文章は、静電気に関する記述である。
 図のように真空中において、負に帯電した帯電体Aを、帯電していない絶縁された導体Bに近づけると、導体Bの帯電体Aに近い側の表面c付近に【(ア)】の電荷が現れ、それと反対側の表面d付近に【(イ)】の電荷が現れる。
 この現象を【(ウ)】という。
 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)及び(ウ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ)
(1) 静電遮へい
(2) 静電誘導
(3) 分極
(4) 静電遮へい
(5) 静電誘導
解答と解説はこちら

解答

(5)

解説

 問題文は静電誘導に関する記述。

 導体Bの代わりにに絶縁体を用いて同様の現象が起こるが、これを静電分極という。静電誘導との違いは、静電誘導は導体中の自由電子の移動に伴い表面電荷が生じるのに対して、静電分極は絶縁体中の分子が静電気力の影響で、電荷の偏りが生じ、表面電荷が生じるものである。

 静電遮へいは、導体で完全に囲まれた、中空部分の電界は 0 で等電位となり、導体の中空部分が外部の電場の影響を受けないことをいう。