電験3種過去問【2020年機械 問6】

【誘導機】交流整流子モータに関する知識《空所問題》

 次の文章は、交流整流子モータの特徴に関する記述である。
 交流整流子モータは、直流直巻電動機に類似した構造となっている。直流直巻電動機では、加える直流電圧の極性を逆にしても、磁束と電機子電流の向きが共に【(ア)】ので、トルクの向きは変わらない。交流整流子モータは、この原理に基づき回転力を得ている。
 交流整流子モータは、一般に始動トルクが【(イ)】、回転速度が【(ウ)】なので、電気ドリル、電気掃除機、小型ミキサなどのモータとして用いられている。なお、小容量のものでは、交流と直流の両方に使用できるものもあり、【(エ)】と呼ばれる。

 上記の記述中の空白個所(ア)~(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 逆になる 大きく 低速 ユニバーサルモータ
(2) 変わらない 小さく 低速 ユニバーサルモータ
(3) 変わらない 大きく 高速 ブラシレスDCモータ
(4) 逆になる 小さく 低速 ブラシレスDCモータ
(5) 逆になる 大きく 高速 ユニバーサルモータ

 

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

 交流整流子モータに関する記述である。

交流整流子モータは、直流直巻電動機に類似した構造となっていて、加える電圧の極性を逆にしても、磁束と電機子電流の向きが共に(ア)逆になるので、トルクの向きは変わらない。つまり交流電源を加えても、回転の向きは変化しない。
 交流整流子モータは、一般に始動トルクが(イ)大きく、回転速度が(ウ)高速なので、電気ドリル、電気掃除機、小型ミキサなどのモータとして用いられている。なお、小容量のものでは、交流と直流の両方に使用できるものもあり、(エ)ユニバーサルモータと呼ばれる。