電験3種過去問【2019年法規 問7】

【電気設備技術基準の解釈】常時監視をしない発電所に関する記述《空所問題》

 「電気設備技術基準の解釈」に基づく常時監視をしない発電所の施設に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)常時巡回方式の技術員は、適当な感覚において発電所を巡回し、運転状態の監視を行う。

(2)遠隔常時監視制御方式の技術員は、制御所に常時駐在し、発電所の運転状態の監視及び制御を遠隔で行う。

(3)水力発電所に随時巡回方式を採用する場合に、発電所の出力を3000kWとした。

(4)風力発電所に随時巡回方式を採用する場合に、発電所の出力に制限はない。

(5)太陽電池発電所に遠隔常時監視制御方式を採用する場合に、発電所の出力に制限はない。

解答と解説はこちら

解答 

(3)

解説

【電気設備技術基準の解釈47条:常時監視をしない発電所の施設】に基づく

(1)常時巡回方式の技術員は、適当な感覚において発電所を巡回し、運転状態の監視を行う。【電気設備技術基準の解釈47条1:1項2号】

(2)遠隔常時監視制御方式の技術員は、制御所に常時駐在し、発電所の運転状態の監視及び制御を遠隔で行う。【電気設備技術基準の解釈47条1:1項3号】

(3)水力発電所に随時巡回方式を採用する場合に、発電所の出力を誤:3000kW⇒正:2000kW未満とした。【電気設備技術基準の解釈47条3】

(4)風力発電所に随時巡回方式を採用する場合に、発電所の出力に制限はない。【電気設備技術基準の解釈47条4】

(5)太陽電池発電所に遠隔常時監視制御方式を採用する場合に、発電所の出力に制限はない。【電気設備技術基準の解釈47条5】