電験3種過去問【2019年電力 問12】

【配電】配電線路の電気方式に関する記述《正誤問題》

 配電線路に用いられる電気方式に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)単線2線式は、一般住宅や商店などに配電するのに用いられ、低圧側の1線を接地する。

(2)単相3線式は、変圧器の低圧巻線の両端と中点から合計3本の線を引き出して低圧巻線の両端から引き出した線の一方を接地する。

(3)単相3線式は、変圧器の低圧巻線の両端と中点から3本の線で2種類の電圧を供給する。

(4)三相3線式は、高圧配電線と低圧配電線のいずれにも用いられる方式で、電源用変圧器の結線には一般的にΔ結線とV結線のいずれかが用いられる。

(5)三相4線式は、電圧線の3線と接地した中性線の4本の線を用いる方式である。

解答と解説はこちら

解答 

(2)

解説

(2)単相3線式は、変圧器の低圧巻線の両端と中点から合計3本の線を引き出して低圧巻線の(誤)両端⇒(正)中点から引き出した線(誤)の一方を接地する。