電験3種過去問【2018年電力 問6】

【変電所】保護リレーに関する記述《空所問題》

 次の文章は、保護リレーに関する記述である。
 電力系統において、短絡事故や地絡事後が発生した場合、事故区間は速やかに系統から切り離される。このとき、保護リレーで異常を検出し、【(ア)】を動作させる。架空送電線は特に距離が長く、事故発生件数も多い。架空送電線の事故の多くは【(イ)】による気中フラッシオーバに起因するため、事故区間を高速に遮断し、フラッシオーバを消滅させれば、絶縁は回復し、架空送電線は通電可能な状態となる。このため、事故区間の遮断の後、一定時間(長くて1分程度)を経て、【(ウ)】が行われる。一般に、主保護の異常に備え、【(エ)】保護が用意されており、動作の確実性を期している。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 遮断器 落雷 保守 常備
(2) 断路器 落雪 再閉路 常備
(3) 変圧器 落雷 点検 後備
(4) 断路器 落雪 点検 後備
(5) 遮断器 落雷 再閉路 後備

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

 電力系統において、短絡事故や地絡事後が発生した場合、事故区間は速やかに系統から切り離される。このとき、保護リレーで異常を検出し、(ア)遮断器を動作させる。架空送電線は特に距離が長く、事故発生件数も多い。架空送電線の事故の多くは(イ)落雷による気中フラッシオーバに起因するため、事故区間を高速に遮断し、フラッシオーバを消滅させれば、絶縁は回復し、架空送電線は通電可能な状態となる。このため、事故区間の遮断の後、一定時間(長くて1分程度)を経て、(ウ)再閉路が行われる。一般に、主保護の異常に備え、(エ)後備保護が用意されており、動作の確実性を期している。