電験3種過去問【2011年電力 問3】

2021年7月4日

【火力発電】復水器に関する記述《正誤問題》

 汽力発電所の復水器に関する一般的説明として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)汽力発電所で最も大きな損失は、復水器の冷却水に持ち去られる熱量である。

(2)復水器の冷却水の温度が低くなるほど、復水器の真空度は高くなる。

(3)汽力発電所では一般的に表面復水器が多く用いられている。

(4)復水器の真空度を高くすると、発電所の熱効率が低下する。

(5)復水器の補機として、復水器内の空気を排出する装置がある。

解答と解説はこちら

解答

(4)

解説

(4)復水器の真空度を高くすると、発電所の熱効率が(誤)低下⇒(正)向上する。

復水器内部の真空度を高くすることで、タービン入口蒸気と、タービン出口蒸気の圧力差が大きくなりタービン効率が高まる。