電験3種過去問【2011年電力 問2】

2021年6月5日

【火力発電】ボイラ設備に関する記述《正誤問題》

 火力発電所のボイラ設備の説明として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)ドラムとは、水分と飽和蒸気を分離するほか、蒸発管への送水などをする装置である。

(2)過熱器とは、ドラムなどで発生した飽和水蒸気を乾燥した蒸気にするものである。

(3)再熱器とは、熱効率の向上のため、一度高圧タービンで仕事をした蒸気をボイラに戻して加熱するためのものである。

(4)節炭器とは、ボイラで発生した蒸気を利用して、ボイラ給水を加熱し、熱回収することによって、ボイラ全体の効率を高めるためのものである。

(5)空気予熱器とは、火炉に吹き込む燃焼用空気を、煙道を通る燃焼ガスによって加熱し、ボイラ効率を高めるための熱交換器である。

解答と解説はこちら

解答

(4)

解説

(4)節炭器とは、(誤)ボイラで発生した蒸気⇒(誤)煙道を通る燃焼ガスを利用して、ボイラ給水を加熱し、熱回収することによって、ボイラ全体の効率を高めるためのものである。