ラン暦2年目で実感するランニングのメリット8つ

2018年11月5日

痩せたい、スリムな体形を手に入れたい、運動不足を解消したい。

これからランニング・ジョギングを始めようとしているひとに、僕が実際にランニング・ジョギングをはじめてみて感じたメリット・デメリット、効果等を紹介していきたいと思います。

僕がランニングを始めるきっかけとなったのは、「7つの習慣」という本を読んだことがきっかけです。この本の第7の習慣を実践するために何となく始めたのですが素晴らしい効果を教授しています。

「7つの習慣」に少しでも興味がある方はこちらの記事を見てください。

ランニング・ジョギングのメリット

1.体重が減る

消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば、みるみる体重は減っていきます。余分な脂肪を蓄えているならば、しばらくの間は体重計に乗るのが楽しくなるはずです。

カロリー管理アプリのおすすめ記事はこちら

ランニング開始後の体重変化

1月にランニングスタート当時68kgありました。半年ほど体重は現状維持、おそらく脂肪が筋肉に変わる時期であったのと、走った分遠慮なく食べていたことが原因です。食べる量を適正に戻した9月以降から年末にかけて体重急減を見せました。

年末に体重が激増したの仕方ないことですが、その後走る時間がとれなくなり、走行距離が減少していくとともに体重も増加しました。ただし走る時間がとりにくくなったぶん筋トレを始めたこともあり、筋肉量も微増したと思われます。

乗るだけで勝手に記録してくれる体重計の記事はこちら

2.体力スタミナがつき疲れにくくなる

ランニング・ジョギングを始めて直ぐは、強烈な筋肉痛と疲労に襲われます。しかし、ここは回数や強度を調整して乗り切ってください。そうすれば驚くほど体は変わります。少々の階段や小走りをしても息切れせず、疲れにくくなるのです。

3.ぐっすり眠れるようになる

動いた体は休息を欲しています。夜にぐっすり眠れるようになります。

4.ストレス発散になる

自分がランニング・ジョギングを始めて一番大きなメリットになると感じたのはストレス発散になるということでした。こんなにも頭がスッキリするなんて!もやもやと仕事・悩みのことを考えながら走り始めても終わりにはスッキリした気持ちになっているのです。

5.前向きな気持ちになる

ストレス発散と同様に、「ランニングを止めたくない!」と思わせる大きなメリットです。ランニング・ジョギング等のリズミカルな運動は脳内の「幸せホルモン」であるセロトニンの分泌量を増やす効果があるとされています。セロトニンは平常心を保ったり、落ち着いた覚醒をもたらしてくれるそうです。いやなことがあったり、沈んだ気持ちになっていても、走り終わると前向きな気持ちで「大丈夫!何とかなる!また頑張ろう!」と思えるのです。

6.体調が良くなる

これはもう今までのメリットの総括のようなものです。体が軽くなり、体力がついて、ストレスもたまらず、ぐっすり眠れて、前向きな気持ちでいれる。

7.時間を大切にするようになる

ランニング・ジョギングが習慣となり今まで挙げたメリットを享受できるようになると、ランニングを止める理由がありません。ランニング・ジョギングがある程度習慣化されたにもかかわらず、続けれなくなってしまう理由があるとすれば「時間がない」ことです。ランニング・ジョギングを続けたいと思うようになると、何とかその時間を捻出するために「時間を大切にするようになる」のです。

8.姿勢がよくなる

これは意識的にフォーム改善に取り組む必要がありますが、フォームがよくなれば姿勢もよくなります。走り始めると自分の走り方の悪さに気づくはずです。自分は太ももの前側が痛くなったりふくらはぎが痛くなったりしたものですが、それまでの人生で誰も教えてくれなかった走り方の間違いを修正できました。

ランニング・ジョギングのデメリット

ありません!ランニング・ジョギングを始めてから習慣になると、止めてしまうことのデメリットが大きすぎて止めたいとは思わなくなります。

強いてデメリットを挙げるとすれば、初心者の場合は特にですが、怪我をするリスクがあるということでしょうか。

ランニング習慣(運動習慣)をもたないことは人生のデメリット!習慣化するには…

ランニング・ジョギングに必要なもの

特にありません。今すぐに走り始められます!とはいえ、初心者は特にけがをするリスクを下げるためにも、最低限必要なものやあったら便利なものを紹介していきます。

必要なもの

シューズ

裸足では走れません!必ず必要ですが、普段はいているスニーカーではけがをします。最低限必要なものであり唯一の必要なものでもある「シューズ」にはお金をかけましょう!

安いシューズはソールの減りも早いしアッパーに穴が開くなんてこともあります。足に負担がかかり怪我をしたり、靴擦れを起こす可能性もあります。モチベーションを維持するためにも、良いシューズを思いきって買いましょう!

良いシューズとは、自分の足に合っている「シューズ」、走る目的に合致している「シューズ」です。近くのスポーツ専門店で足形を計測してもらい、目的に合ったものを選んでもらうことをおすすめします。

ウェア

手持ちのジャージやスポーツウェアでも十分です。しかし専用のランニングウェアは軽くて走りやすいです。

あったら便利なもの

無くても走れるけどあったら便利なもの、ランニング・ジョギングを楽しくしてくれるものを紹介していきます。

ランニングアプリ

ランニングに必要なものにするべきか迷いましたが、無くても走ることには問題ないのであると便利なものとしました。初心者のかたはモチベーションを維持するためにも必ず利用してほしいです。しかも多くの機能が無料で利用できます。

スマホにランニングアプリを入れて走るだけで、走るペースや走ったコース等々色々な記録が取れますしイヤホンを使ってランニングをサポートしてくれるものまであります。

オススメのアプリはNike Run Club(ナイキランクラブ)です。おすすめの理由は今後ランニングウォッチにグレードアップしたときにデータを継続して蓄積できるからです。

自分の頑張りを記録することは、続けることの最高のモチベーションとなります!

初心者は手軽なランニングアプリで十分ですので、ランニングアプリで取れるデータに物足りなくなったら、下に紹介するランニングウォッチ等へグレードアップすると良いでしょう。

ランニングウォッチ

ランニングウォッチとアプリの大きな違いは、スマホを持ち歩かなくて良いことです。実際に走ってみるとわかりますが、最近の大型スマホを持って(実際にはポーチに入れるなどして)走っているとリズミカルに揺れて重く負担に感じます。

ランニングウォッチは軽量なものがほとんどなので身軽に走れる他、ペース測定やルート記録はもちろん心拍数計測やケイデンス測定(1分間の歩数)等々の高機能な測定が可能です。

ランニングウォッチのメリットにつてはこちらの記事にまとめいています。

僕が使っているのはガーミンのランニングウォッチで、色々調べた結果一番評判が良かったことと、心拍数を記録してみたかったから選びました。

僕はAndroidなのでメリットが少なく導入を見送りましたが、iPhoneの方はこちらが良いかもしれません。

おすすめアプリのナイキランクラブと連携可能アップルウォッチ


[エントリーでポイント3倍以上]アップルウォッチ 本体 ナイキ Apple Watch Series 3 Nike+ 38mm シルバーアルミニウムケースとピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド シリーズ3 (GPSモデル)MQKX2J/A MQKX2J/A

季節別ランニングアドバイス

夏のランニング

盛夏の昼間は屋外を絶対に走らないでください!夜間でも熱中症のリスクは高いです。熱中症については下の記事にまとめています。

夏は短距離を早いペースで走りペースアップトレーニングの期間に当てるのがよいかもしれません。初心者であれば、早朝、夜間のウォーキングに切り替えてもよいと思います。暑いなか走るのはただ辛いだけですから。先ずは無理せず続けることが大切です。

ランニング距離5㎞、ペース6分/㎞の同じ条件で真冬と真夏に走ったランニングを比較すると、真夏の心拍数が高く心臓に大きな負担がかかっています。

夏は大量の汗をかくため、そのぶん送るべき血流量が増えているのです。

2018年1月 平均心拍数140

2018年8月 平均心拍数154

夏ランニングで特に注意したいのが、脱水症状による熱中症です。ある日の夏の夕方ラン、気温30℃、走行距離6.28km、ペース6:44/kmで走った時の汗の量は…

1100ccです!ランニング前後で体重の減少から失われた水分が測定できます。

必ずランニング前後で水分補給を行いましょう。

おわりに

いかがでしたか?是非皆さんにもランニング・ジョギングをはじめてほしいと思います。そしてそのメリットを享受してください。