電験3種過去問【2017年電力 問5】

【新エネルギー発電】地熱発電とバイオマス発電に関する記述《空所問題》

 次の文章は、地熱発電及びバイオマス発電に関する記述である。
 地熱発電は、地下から取り出した【(ア)】によってタービンを回して発電する方式であり、発電に適した地熱資源は【(イ)】に多く存在する。
 バイオマス発電は、植物や動物が生成・排出する【(ウ)】から得られる燃料を利用する発電方式である。燃料の代表的なものには、木くずから作られる固形化燃料や、家畜の糞から作られる【(エ)】がある。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 蒸気 火山地域 有機物 液体燃料
(2) 熱水の流れ 平野部 無機物 気体燃料
(3) 蒸気 火山地域 有機物 気体燃料
(4) 蒸気 平野部 有機物 気体燃料
(5) 熱水の流れ 火山地域 無機物 液体燃料

解答と解説はこちら

解答

(3)

解説

 地熱発電は、地下から取り出した(ア)蒸気によってタービンを回して発電する方式であり、発電に適した地熱資源は(イ)火山地域に多く存在する。
 バイオマス発電は、植物や動物が生成・排出する(ウ)有機物から得られる燃料を利用する発電方式である。燃料の代表的なものには、木くずから作られる固形化燃料や、家畜の糞から作られる(エ)気体燃料がある。