電験3種過去問【2020年法規 問1】

2020年11月20日

【電気事業法】主任技術者に関する記述《空所問題》

 次の文章は、「電気事業法」及び「電気事業法施行規則」に基づく主任技術者に関する記述である。

  1. 主任技術者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の【(ア)】の職務を誠実に行わなければならない。
  2. 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に【(イ)】する者は、主任技術者がその保安のためにする指示に従わなければならない。
  3. 第3種電気主任技術者免状の交付を受けている者が保安について【(ア)】をすることができる事業用電気工作物の工事、維持及び運用の範囲は、一部の水力設備、火力設備等を除き、電圧【(ウ)】万V未満の事業用電気工作物(出力【(エ)】kW以上の発電所を除く。)とする。

 上記の記述中の空白個所(ア)~(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 作業、検査等 従事 5 5000
(2) 監督 関係 3 2000
(3) 作業、検査等 関係 3 2000
(4) 監督 従事 5 5000
(5) 作業、検査等 従事 3 2000

解答と解説はこちら

解答 

(4)

解説

主任技術者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の(ア)監督の職務を誠実に行わなければならない。【電気事業法44条】

事業用電気工作物の工事、維持及び運用に(イ)従事する者は、主任技術者がその保安のためにする指示に従わなければならない。【電気事業法44条】

第3種電気主任技術者免状の交付を受けている者が保安について(ア)監督をすることができる事業用電気工作物の工事、維持及び運用の範囲は、一部の水力設備、火力設備等を除き、電圧(ウ)5万V未満の事業用電気工作物(出力(エ)5000kW以上の発電所を除く。)とする。【電気事業法施行規則56条】