電験3種過去問【2018年理論 問11】

【電子回路】半導体素子に関する知識《正誤問題》

 半導体素子に関する記述として、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

(1)pn接合ダイオードは、それに順電圧を加えると電子が素子中をアノードからカソードへ移動する2端子素子である。

(2)LEDは、pn接合領域に逆電圧を加えたときに発光する素子である。

(3)MOSFETは、ゲートに加える電圧によってドレーン電流を制御できる電圧制御形の素子である。

(4)可変容量ダイオード(バリキャップ)は、加えた逆電圧の値が大きくなるとその静電容量も大きくなる2端子素子である。

(5)サイリスタは、p形半導体とn形半導体の4層構造からなる4端子素子である。

解答と解説はこちら

解答

(3)

解説

(1)pn接合ダイオードは、それに順電圧を加えると電子が素子中をカソードからアノードへ移動する2端子素子である。

(2)LEDは、pn接合領域に順電圧を加えたときに発光する素子である。

(3)正しい。

(4)可変容量ダイオード(バリキャップ)は、加えた逆電圧の値が大きくなるとその静電容量が小さくなる2端子素子である。

(5)サイリスタは、p形半導体とn形半導体の4層構造からなる3端子素子である。