電験3種過去問【2017年理論 問14】

【電気計測】有効数字と単位に関する知識《正誤問題》

次の(1)~(5)は、計測の結果、得られた測定値を用いた計算である。これらのうち、有効数字と単位の取り扱い方がともに正しいものを一つ選べ。

(1)0.51V+2.2V=2.71V

(2)0.670V÷1.2A=0.558Ω

(3)1.4A×3.9㎳=5.5×10⁻⁶C

(4)0.12A-10mA=0.11m

(5)0.5×2.4F×0.5V×0.5V=0.3J

解答と解説はこちら

解答

(5)

解説

(1)0.51V+2.2V=2.71V
 有効数字2桁同士の和が、有効数字3桁で示されており不適切。

(2)0.670V÷1.2A=0.558Ω
 有効数字3桁を有効数字2桁で除しており、解は有効数字2桁とするべき。

(3)1.4A×3.9㎳=5.5×10⁻⁶C
 単位が正しくない。5.5×10⁻³Cが正しい。

(4)0.12A-10mA=0.11m
 単位が正しくない。0.11Aが正しい。

(5)0.5×2.4F×0.5V×0.5V=0.3J
 コンデンサに蓄えられるエネルギーW=1/2CV²[J]についての計算。有効数字2桁で揃えられており適切である。