電験3種過去問【2010年理論 問4】

【電磁気】導体がつくる磁界の影響《正誤問題》

 図に示すように、直線導体A及びBがy方向に平行に配置され、両導体に同じ大きさの電流Iが共に+y方向に流れているものとする。このとき、各導体に加わる力の方向について、正しいものを組み合わせたのは次のうちどれか。
 なお、xyz座標の定義は、破線の枠内の図で示したとおりとする。 

  導体A 導体B
(1) +x方向 +x方向
(2) +x方向 -x方向
(3) -x方向 +x方向
(4) -x方向 -x方向
(5) どちらの導体にも力は働かない
解答と解説はこちら

解答

(2)

解説

 右ねじの法則に従って、導体Aと導体Bに流れる電流は、それぞれの周囲に右回転方向の磁界を生じている。

 導体Aと導体Bの間の磁界は、それぞれの磁界の向きが互いに逆となるため、弱め合う。導体Aと導体Bの外側の磁界は、それぞれの磁界の向きが同じとなるため、強めあう。

 従って、導体Aと導体Bにはそれぞれ近づく方向に、磁界の影響を受け、力が働く。