電験3種過去問【2020年法規 問3】

2020年11月20日

【電気設備技術基準の解釈】絶縁性能に関する記述《空所問題》

 次の文章は、「電気設備技術基準」及び「電気設備技術基準の解釈」に基づく使用電圧が6600Vの交流電路の絶縁性能に関する記述である。

  1. 電路は、大地から絶縁しなければならない。ただし、構造上やむを得ない場合であって通常予見される使用形態を考慮し危険のおそれがない場合、又は混触による高電圧の侵入等の異常が発生した際の危険を回避するための接地その他の保安上必要な措置を講ずる場合は、この限りでない。
     電路と大地との間の絶縁性能は、事故時に想定される異常電圧を考慮し、【(ア)】による危険のおそれがないものでなければならない。
  2. 電路は、絶縁できないことがやむを得ない部分及び機械器具等の電路を除き、次の1.及び2.のいずれかに適合する絶縁性能を有すること。
    1.  【(イ)】Vの交流試験電圧を電路と大地(多心ケーブルにあっては、心線相互間及び心線と大地との間)との間に連続して10分間加えたとき、これに耐える性能を有すること。
    2.  電線にケーブルを使用する電路においては、【(イ)】Vの交流試験電圧の【(ウ)】倍の直流電圧を電路と大地多心ケーブルにあっては、心線相互間及び心線と大地との間)との間に連続して10分間加えたとき、これに耐える性能を有すること。

 上記の記述中の空白個所(ア)~(ウ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ)
(1) 絶縁破壊 9900 1.5
(2) 漏えい電流 10350 1.5
(3) 漏えい電流 8250 2
(4) 漏えい電流 9900 1.25
(5) 絶縁破壊 10350 2

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

電気設備技術基準の解釈15条 高圧又は特別高圧の電路の絶縁性能

7000V以下の交流の電路では、最大使用電圧の1.5倍の交流電圧を10分間加えたとき、これに耐える性能を有することと記載されている。最大使用電圧とは1,000Vを超え500,000V未満では使用電圧に1.15/1.1倍を乗じたもの(電気設備技術基準の解釈1条)とされている。

従って、6600Vの使用電圧の電路では、6600[V]×1.15/1.1×1.5=10350[V]の交流試験電圧を加える必要がある。

  1. 電路は、大地から絶縁しなければならない。ただし、構造上やむを得ない場合であって通常予見される使用形態を考慮し危険のおそれがない場合、又は混触による高電圧の侵入等の異常が発生した際の危険を回避するための接地その他の保安上必要な措置を講ずる場合は、この限りでない。
     電路と大地との間の絶縁性能は、事故時に想定される異常電圧を考慮し、(ア)絶縁破壊による危険のおそれがないものでなければならない。【電気設備技術基準5条】
  2. 電路は、絶縁できないことがやむを得ない部分及び機械器具等の電路を除き、次の1.及び2.のいずれかに適合する絶縁性能を有すること。【電気設備技術基準の解釈15条】
    1.  (イ)10350Vの交流試験電圧を電路と大地(多心ケーブルにあっては、心線相互間及び心線と大地との間)との間に連続して10分間加えたとき、これに耐える性能を有すること。
    2.  電線にケーブルを使用する電路においては、(イ)10350Vの交流試験電圧の(ウ)2倍の直流電圧を電路と大地多心ケーブルにあっては、心線相互間及び心線と大地との間)との間に連続して10分間加えたとき、これに耐える性能を有すること。