// google adsence用 電験3種過去問【2022年(前期)電力 問4】 | 電気主任技術者のいろは

電験3種過去問【2022年(前期)電力 問4】

2023年2月26日

【原子力発電】沸騰水型原子炉(BWR)に関する記述《正誤問題》

 沸騰水型原子炉(BWR)に関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  1.  燃料には低濃縮ウランを、冷却材及び減速材には軽水を使用する。
  2.  加圧水型原子炉(PWR)に比べて原子炉圧力が低く、蒸気発生器が無いので構成が簡単である。
  3.  出力調整は、制御棒の抜き差しと再循環ポンプの流量調整により行う。
  4.  制御棒は、炉心上部から燃料集合体内を上下することができる構造となっている。
  5.  タービン系統に放射性物質が持ち込まれるため、タービン等に遮へい対策が必要である。
解答と解説はこちら

解答

(4)が誤り

解説

 沸騰水型原子炉(BWR)では制御棒は、炉の下部から炉心内に挿入または炉心外に引き抜くことができる構造となっている。よって誤り。

 加圧水型原子炉(PWR)は、炉心上部から燃料集合体内を上下することができる構造となっている。

<<前問  次問>>