電験3種過去問【2014年電力 問3】

【火力発電】コンバインドサイクル発電の高効率化に関する記述《空所問題》

 次の文章は、コンバインドサイクル発電の高効率化に関する記述である。
 コンバインドサイクル発電の出力増大や熱効率向上を図るためにはガスタービンの高効率化が重要である。
 高効率化の方法には、ガスタービンの入口ガス温度を【(ア)】することや空気圧縮機の出口と入口の【(イ)】比を増加させることなどがある。このためには、燃焼器やタービン翼などに用いられる【(ウ)】材料の開発や部品の冷却技術の向上が重要であり、同時に【(エ)】の低減が必要となる。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 高く 温度 耐熱 窒素酸化物
(2) 高く 圧力 触媒 窒素酸化物
(3) 低く 圧力 耐熱 ばいじん
(4) 低く 温度 触媒 ばいじん
(5) 高く 圧力 耐熱 窒素酸化物

解答と解説はこちら

解答

(5)

解説

 コンバインドサイクル発電の出力増大や熱効率向上を図るためにはガスタービンの高効率化が重要である。
 高効率化の方法には、ガスタービンの入口ガス温度を(ア)高くすることや空気圧縮機の出口と入口の(イ)圧力比を増加させることなどがある。このためには、燃焼器やタービン翼などに用いられる(ウ)耐熱材料の開発や部品の冷却技術の向上が重要であり、同時に(エ)窒素酸化物の低減が必要となる。