電験3種過去問【2013年電力 問12】

【配電】配電線の保護方式に関する記述《空所問題》

 次の文章は、配電線の保護方式に関する記述である。
 高圧配電線路に短絡故障又は地絡故障が発生すると、配電用変電所に設置された【(ア)】により故障を検出して、遮断器にて送電を停止する。
 この際、配電線路に設置された区分用開閉器は【(イ)】する。その後に配電用変電所からの送電を再開すると、配電線路に設置された区分開閉器は電源側からの送電を検出し、一定時間後に動作する。その結果、電源側から順番に区分用開閉器は【(ウ)】される。
 また、配電線路の故障が継続している場合は、故障区間直前の区分用開閉器が動作した直後に、配電用変電所に設置された【(ア)】により故障を検出して、遮断器にて送電を再度停止する。
 この送電再開から送電を再度停止するまでの時間を計測することにより、配電線路の故障区間を判別することができ、この方式は【(エ)】と呼ばれている。
 例えば、区分用開閉器の動作時限が7秒の場合、配電用変電所にて送電を再開した後、22秒前後に故障検出により送電を再度停止したときは、図の配電線の【(オ)】の区間が故障区間であると判断される。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)及び(オ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ)
(1) 保護継電器 開放 投入 区間順送方式 c
(2) 避雷器 開放 投入 時限順送方式 d
(3) 保護継電器 開放 投入 時限順送方式 d
(4) 避雷器 投入 開放 区間順送方式 c
(5) 保護継電器 投入 開放 時限順送方式 c

解答と解説はこちら

解答 

(3)

解説

 高圧配電線路に短絡故障又は地絡故障が発生すると、配電用変電所に設置された(ア)保護継電器により故障を検出して、遮断器にて送電を停止する。
 この際、配電線路に設置された区分用開閉器は(イ)開放する。その後に配電用変電所からの送電を再開すると、配電線路に設置された区分開閉器は電源側からの送電を検出し、一定時間後に動作する。その結果、電源側から順番に区分用開閉器は(ウ)投入される。
 また、配電線路の故障が継続している場合は、故障区間直前の区分用開閉器が動作した直後に、配電用変電所に設置された(ア)保護継電器により故障を検出して、遮断器にて送電を再度停止する。
 この送電再開から送電を再度停止するまでの時間を計測することにより、配電線路の故障区間を判別することができ、この方式は(エ)時限順送方式と呼ばれている。
 例えば、区分用開閉器の動作時限が7秒の場合、配電用変電所にて送電を再開した後、22秒前後に故障検出により送電を再度停止したときは、図の配電線の(オ)dの区間が故障区間であると判断される。