電験3種過去問【2011年電力 問12】

【配電】スポットネットワーク方式に関する記述《空所問題》

 スポットネットワーク方式は、ビルなどの需要家が密集している大都市の供給方式で、一つの需要家に【(ア)】回線で供給されるのが一般的である。
 機器の構成は、特別高圧配電線から断路器、【(イ)】及びネットワークプロテクタを通じて、ネットワーク母線に並列に接続されている。
 また、ネットワークプロテクタは、【(ウ)】、プロテクタ遮断器、電力方向継電器で構成されている。
 スポットネットワーク方式は、供給信頼度の高い方式であり、【(エ)】の単一故障時でも無停電で電力を供給することができる。

 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ) (エ)
(1) 1 ネットワーク変圧器 断路器 特別高圧配電線
(2) 3 ネットワーク変圧器 プロテクタヒューズ ネットワーク母線
(3) 3 遮断器 プロテクタヒューズ ネットワーク母線
(4) 1 遮断器 断路器 ネットワーク母線
(5) 3 ネットワーク変圧器 プロテクタヒューズ 特別高圧配電線

解答と解説はこちら

解答 

(5)

解説

 スポットネットワーク方式は、ビルなどの需要家が密集している大都市の供給方式で、一つの需要家に(ア)3回線で供給されるのが一般的である。
 機器の構成は、特別高圧配電線から断路器、(イ)ネットワーク変圧器及びネットワークプロテクタを通じて、ネットワーク母線に並列に接続されている。
 また、ネットワークプロテクタは、(ウ)プロテクタヒューズ、プロテクタ遮断器、電力方向継電器で構成されている。
 スポットネットワーク方式は、供給信頼度の高い方式であり、(エ)特別高圧配電線の単一故障時でも無停電で電力を供給することができる。