// google adsence用 電験1種過去問【2014年機械制御 問1】 | 電気主任技術者のいろは

電験1種過去問【2014年機械制御 問1】

2024年7月12日

【同期機】永久磁石電動機、qd軸、フェーザ図、機械出力最大トルク計算《計算問題》

 定格周波数 50 Hz における磁石の磁極方向の直軸同期リアクタンスが Xd =1 Ω、磁極に対して電気角 90 度進み方向の横軸同期リアクタンスが Xq = 2 Ω の埋込永久磁石同期電動機がある。はじめに同期電動機の電機子巻線を開放し、回転速度 1 500 min⁻¹ で回転させたとき、磁極方向を実軸とすると、電機子巻線には相電圧 \(\dot{E}_0\)= j200 V、f = 50 Hz の平衡三相交流電圧が現れた。次に、周波数を f = 50 Hz 一定で、相電圧 V [V] を自由に調整できる平衡三相交流電源に接続して運転する。次の問に答えよ。ただし、巻線抵抗による電圧降下や鉄損は無視できるものとする。また、図は突極性がある同期電動機のフェーザ図である。

解答と解説はこちら

解答

公式標準解答

解説

 同期電動機からの出題です。一種では同期発電機の直軸(d軸)、横軸(q軸)が内容に含まれます。二種から一種に挑戦する際にハードルとなる部分だと思います。一種に挑戦する際は、しっかり理解するようにしましょう。(4)は計算が複雑です。


追加学習は同期機の学習帳

<<前問  次問>>