// google adsence用 電3電力[材料]の出題傾向【過去問クイズ】 | 電気主任技術者のいろは

電3電力[材料]の出題傾向【過去問クイズ】

2022年4月17日

傾向をつかんで、効率的に学習を進めるために!

2009年~2020年の電験3種【電力】材料分野の出題傾向を分析しました。

まずは、年別の問題傾向一覧をどうぞ!

出題年 出題内容 出題形式
2009年 絶縁材料の劣化現象 【正誤】
2010年 絶縁油の特徴と用途・種類 【空所選択】
2011年 絶縁材料の劣化現象 【正誤】
2012年 銅(導電材料)の特徴と用途・種類 【正誤】
2013年 絶縁材料の種類による特徴 【正誤】
2014年 六ふっ化硫黄(SF6)ガスの特徴 【正誤】
2015年 鉄心材料の特徴と用途・種類 【正誤】
2016年 送電用導体の特徴と用途・種類 【正誤】
2017年 絶縁材料の特徴と用途・種類 【正誤】
2018年 鉄心材料の特徴と用途・種類 【正誤】
2019年 絶縁材料の劣化現象 【正誤】
2020年 絶縁油の特徴と用途・種類 【正誤】

2009年 絶縁材料の劣化現象を問う問題【正誤】
2010年 絶縁油の特徴と用途・種類を問う問題【空所選択】
2011年 絶縁材料の劣化現象を問う問題【正誤】
2012年 銅(導電材料)の特徴と用途・種類を問う問題【正誤】
2013年 絶縁材料の種類による特徴を問う問題【正誤】
2014年 六ふっ化硫黄(SF6)ガスの特徴を問う問題【正誤】
2015年 鉄心材料の特徴と用途・種類を問う問題【正誤】
2016年 送電用導体の特徴と用途・種類を問う問題【正誤】
2017年 絶縁材料の特徴と用途・種類を問う問題【正誤】
2018年 鉄心材料の特徴と用途・種類を問う問題【正誤】
2019年 絶縁材料の劣化現象を問う問題【正誤】
2020年 絶縁油の特徴と用途・種類を問う問題【正誤】

出題傾向は絶縁材料についてが最も多い

出題数は多い順に、絶縁材料(8問)、鉄心材料(2問)、導電材料(2問)となりました。

絶縁材料カテゴリでは絶縁物の劣化について問われる可能性が高い

頻出の絶縁材料の内容を更に分析してみました。

絶縁物の劣化についての知識を直接問う問題(3問)が最も多く、続いて、絶縁物の特徴や種類について問うもの(2問)、絶縁油について問うもの(2問)、六ふっ化硫黄ガスについて問うもの(1問)と続きました。

絶縁物の種類特徴について問う問題に関しても、出題の中で絶縁物の劣化についての記述が多くありました。

絶縁物に関しての特徴や、用途などを一般的なレベルで学習し、特に絶縁物の劣化に関しては要因やメカニズムまで含めて詳しく学習しておくと効率的です。

鉄心材料や導電材料はどのような傾向か

絶縁材料以外の出題がされたとすれば、鉄心材料や導電材料に関して問われています。

鉄心材料に関しては、基本的なポイントを押さえておけば「誤り」を見つけることができます。

導電材料に関しては、特殊な傾向となっています。傾向学習よりも、他の分野からの知識を総動員して回答を導くことになります。

出題形式は正誤を問うものがほとんど

過去10年では、全て正誤を問う問題形式となっています。過去12年まで振り返ると、空所選択形式の設問が1問のみありました。

正誤形式の設問では、「誤り」を問われますので、各材料において、ポイントを押さえておくことが重要です。

設問中の「正しい」選択肢は、一歩踏み込んだ内容が示されていることも多いため、知らないことも多く、正誤の判断に悩むことも多いと思います。

「誤り」ポイント(特徴的な要素であり、変化球は少ない)をしっかり見極める力を蓄えることが重要となります。

材料に関する過去問題

ランダムに10問挑戦できます!

【2012電3電14】20[℃]において、最も抵抗率の低い金属は、銅である。
【2018電3電14】厚さの薄い鉄心材料を積層した積層鉄心は、積層した鉄心材料間で電流が流れないように鉄心材料の表面に絶縁被膜が施されており、鉄心材料の積層方向(厚さ方向)と磁束方向とが同一方向となるときに顕著な渦電流損の低減効果が得られる。
【2015電3電14】鉄心材料に使用されるけい素鋼材は、鉄にけい素を含有させて透磁率と抵抗率とを高めた材料である。
【2018電3電14】鉄心材料に用いられるアモルファス磁性材料は、原子配列に規則性がない非結晶構造を有し、結晶構造を有するけい素鋼材と比較して鉄損が少ない。薄帯形状であることから巻鉄心形の鉄心に適しており、柱上変圧器などに使用されている。
【2010電3電14】電力用機器の絶縁油として古くから一般的に用いられるのは?
【2017電3電14】がいしに使用される絶縁材料には、一般に、磁気、ガラス、ポリマの3種類がある。我が国では磁器がいしが主流であるが、最近では、軽量性や耐衝撃性などの観点から、ポリマがいしの利用が進んでいる。
【2014電3電14】六ふっ化硫黄(SF6)ガスはガス遮断器やガス絶縁変圧器の絶縁媒体として利用される。
【2015電3電14】鉄心材料は、同じ体積であれば両面を絶縁加工した薄い材料を積層することで、ヒステリシス損はほとんど変わらないが、渦電流損を低減させることができる。
【2014電3電14】六ふっ化硫黄(SF6)ガスの絶縁破壊電圧は、同じ圧力の空気と比較すると高い。
【2021電3電14】鋼心アルミより線は、中心に亜鉛めっき鋼より線を配置し、その周囲に硬アルミより線を配置した構造を有している。この構造は、必要な導体の電気抵抗に対して、アルミ導体を使用する方が、銅導体を使用するよりも断面積が大きくなるものの軽量にできる利点と、必要な引張強さを鋼心で補強して得ることができる利点を活用している。
材料に関する過去問題
あなたの正解数は {{userScore}} 点/{{maxScore}} 点満点
{{title}}
{{image}}
{{content}}