電験3種過去問【2016年理論 問4】

【電磁気】磁気遮へいに関する記述《空所問題》

 図のように、磁極N、Sの間に中空球体鉄心を置くと、NからSに向かう磁束は、【(ア)】ようになる。このとき、球体鉄心の中空部分(内部の空間)の点Aでは、磁束密度は極めて【(イ)】なる。これを【(ウ)】という。
 ただし、磁極N、Sの間を通る磁束は、中空球体鉄心を置く前と置いた後とで変化しないものとする。
 上記の記述中の空白個所(ア)、(イ)及び(ウ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。

  (ア) (イ) (ウ)
(1) 鉄心を避けて通る 低く 磁気誘導
(2) 鉄心中を通る 低く 磁気遮へい
(3) 鉄心を避けて通る 高く 磁気遮へい
(4) 鉄心中を通る 低く 磁気誘導
(5) 鉄心中を通る 高く 磁気誘導
解答と解説はこちら

解答

(2)

解説

 磁気遮へいに関する記述である。中空球体鉄心の鉄心部を磁束が集中して通る際、この中空部には磁束は生じない。