【レビュー】結局お高いソファーを買うに至るまで!新象のソファー「クラウド」

2019年1月8日

引越しや新築、模様替えでソファーが欲しくなるタイミングがありますよね。ソファーは部屋の顔になる家具ですので、ある程度こだわって選びたくなるところです。

ソファーといっても数万円台~数十万円まで非常に幅広い価格帯であり、どのようなソファーを選ぶか迷うところです。

この記事は自宅のソファー選びで結局お高いソファーを購入するに至ったところのお話です。

お安いソファーとお高いソファーの違いとは?

結局のところ、細部のつくりや材質、素材の違いが価格の差となっています。間違いなくいえることは「価格と性能は比例する」ということです。

それでは安いソファーはダメでしょうか?そんなことはありません。ライフスタイルや好みによって短寿命でも色々なソファーを使いたい場合は「安くて満足できる」ソファーをその都度買い換えればよいのです。

価格と満足度は比例するか?

こたえはNOです。これはひとそれぞれソファーに求めるものや好みが異なるからです。布地が好きなひともいればレザー生地を好むひともいます。また沈み込むように柔らかいクッションが好みのひともいれば固めのクッションが好きなひともいます。

ただし、満足度の高いソファーを選ぼうとすると、必然的に価格が高くなっていきます。

満足度を左右するポイントとは?

満足度を決定するための、ソファーを選ぶ基準となるポイントは大きく5つでしょう。

1.デザイン(大きさ)

単純に見た目です。見た目が好きか嫌いかです。付き合いの長い家具ですので重要なポイントです。寸法的に配置可能かも重要です。

2.生地の種類や色

部屋にあうまたは好みにあう生地や色が用意されているかも重要なポイントです。

価格が高ければ耐久性は高く、安価であれば数年で生地が破れたりよれたりしてしまい、買い替えの必要がでてくるところです。

3.クッションの硬さ

好みが分かれるところですが、座ってみないとわからないところです。

また価格が高ければ耐久性は高く、安価であれば数年でへたってしまい、購入時の硬さを維持できるかどうかは価格帯によってきまるところです。

4.座り心地

クッションの硬さと同じと思われるかもしれませんが違います。座ったときの座面の広さや足が着地するかどうか、長時間座っていられるかどうかなど、フィーリングの部分ですが、最も満足度を左右する重要なポイントといえます。

5.価格

これまでのポイントを満足するソファーは必然的に高いです。安い価格に重点をおく際は、他のポイントのどこを妥協してもよいかという問題になります。

安いソファーを探す(まずはこだわりを探す)

安いソファーを探してニトリや周辺ホームセンターを周りましたが、どうしても価格帯としては4~8万円となります。(三人掛けソファー)

ニトリで妻が気に入ったのが下の商品。座り心地が固めで良い、そして木があるのが良いとのこと。ただし木の色が濃すぎるのでそこが残念とのこと。お値段は92,500円でここも残念なポイント。

※ニトリHPより引用

上記商品は布張りのファブリックで、そのままの雰囲気は良いのですが、革張りに変更すると…下のように変身するようで

※ニトリHPより引用

革張りの展示品がないため実物確認できなかったのですが、雰囲気も座り心地も変わってきそうです。購入の踏ん切りはつきません。部屋の雰囲気に対してもすこし重厚すぎないか?

お手ごろなところではこれ。

※ニトリHPより引用

これなんかは4万円で、見た目的には問題ない、一応足が木っぽいし…。…これでいんじゃない?でも座るとやっぱり価格差を、お尻で感じてしまう…

こんな選び方でいいのか?4万円とはいえ大金だし、数年で買い換えるつもりであっても、不満点がでれば満足できないし愛着もわかない!そしてその数年後も膨大な時間を掛けて同じ行脚と同じ過ちの繰り返し…になるのか???

最後は探し疲れてしまい、「もうどれでもいいから買って帰ろう!」と不本意な発言をはじめる始末。これでは本末転倒。こうなってはいけません。仕切りなおしです。

しっくりくるモノに出会えませんでしたが、しかしどのようなポイントを重視しているのかが少し見えてきたのでそれは収穫でした。

好みのデザインは無垢木をフレームに使ったようなもので、座り心地は固めで、すぐに立ち上がれる(ソファーで長時間ゆったりする時間はない)座面の高さと広さがあるものを探していました。

さらにソファー下は高さが10cm程度あり、お掃除ロボットが掃除可能かどうかも条件です。

妻は洗える布や合成皮がよいとのことでしたが、僕はせっかくなのでレザーを希望。布は夏にべたつく感触が嫌でしたし、実際に以前持っていた布ソファー(ニトリ製3万円くらいだったか?)は夏場に座り心地が悪かったです。

ネット通販も視野にいれてみる

店頭での安いソファーを探し歩くも、4-10万円が現実的な価格帯であることを知り、こうなったらネット通販で評判のよいものは安くても安心できるのではないかと考えました。

ということでネット通販で買えるソファーを探しました。評判のいいところではLOWYA(ロウヤ)が値段の割りに高評価で、しかも3万円台で手に入るというところで非常に魅力を感じました。デザイン的にも問題なさそうです。

3万円で10万円のクオリティ!とネット記事で家具職人が大絶賛。とても評判の良いLOWYA(ロウヤ)のソファーベッド。価格の割りに大満足なのだそうです。

↓外部リンク記事です↓

【ネットでポチれる!】格安ソファベッドNo.1に“LOWYA”を推す理由

ただし妥協感がいなめないので、デザインを重視して他のLOWYAソファーを探してみると、このあたりは見た目としても及第点ではないか?

値段35,000円で雰囲気的には問題なし。ただし、座り心地は…??届いてのお楽しみぃ~。ここらへんがネット通販の限界です。

求める姿ではあるが、チープさは隠せない。お値段20,000円也。すわり心地は??

いままで、実際に店頭で試し座りしてみた経験から、ネット通販でのソファーもかならずしも満足のいく座り心地ではないだろうということは確信がありました。

こだわりポイントを整理する

ここまでソファー行脚を重ねてこだわりポイントが浮き彫りになってきたので整理します。

1.デザイン(大きさ)

リビングの床が無垢パインなので、明るめの無垢木フレームにクッションが乗るといったデザインが理想的なかたち。

2.生地の種類や色

妻は特にこだわりはなく、僕はレザーにこだわっているようです。理由は夏場の肌触りの良さ。冬場は24H床暖房で特別に冷ッとすることはないので、夏を基準にする。

3.クッションの硬さ

二人とも固めが好みのよう。

4.座り心地

妻は座面が浅い(狭い)ほうが座り心地がよいとのこと。僕はどちらでもよいかな程度なのでそちらに基準をあわせます。

5.価格

安価で探しているが、良いものを長く使いたいという嗜好はあるようで、その証拠にここまで安価なソファーを妥協して買うに至っていない。

高いソファーを探す(高くても納得できるソファーを探す)

そんなとき、大掛かりな家具の展示販売会が開催されていたため見に行きました。客寄せの安いソファーも沢山展示されていましたが、やはり満足できる座り心地のものはなく。

少々高くてもよいから(10万円以上)展示物全部に座ってみよう!ということになり、いきなり価格帯アップでのソファー探しが始まり…

ありました。価格帯を広げると、まるで違った世界がみえてきます。

※新象HPより引用

新象のソファー、その名もトマト。デザイン的には100点で、求めるべき姿でした。座り心地も…悪くない。妻は布地のファブリックが取り外して洗濯できるのもポイントが高いようで…ただしお値段も20万超えで高い。そして僕が引っかかっていたのは、レザーが選べない。布地の肌触りがどうしても気に入らない(20万円もだすなら妥協はできない!)。

ということで、ほかのソファーへ移動…そこで…出会ってしまったのです。

運命の出会い

デザイン的には満点であるものの、ファブリックが何となく気に入らなかったトマト。そのまま同じブースの他のソファーに何気なく腰掛けると…

今までに無くしっくりくる座り心地。100点がどこかも分からないままに、これは100点の座り心地ではないか?デザイン的には満点とはいえないものの80点以上は満足するフォルム。

大分県日田市老舗ソファーメーカー 新象のソファー「クラウド」

下記事に新象ソファーをまとめてみました!

生地もレザーで、触り心地や生地の硬さも含めて、体にフィットする心地よい硬さ。メーカー担当曰く、その名に似合わず「硬めに作っています」とのこと。

お値段!24万5千円也ー

「清水の舞台から飛び降りる」買い物でした。数週間ソファーを座り歩いたソファー行脚の経験と同会場内の高価格帯ソファー行脚の末、直感的にこの座り心地にはもう出会えないかもしれないと思いました。

展示会の特典も色々とあったことも後押しとなり、購入に至りましたが、ソファーの買い方とはこうだ!と悟ったのです。つまり「座って選べ」「これだと直感したら買え」です。結婚を決めるときのフィーリングに似ています。

新象クラウドソファーの使い心地

2018年11月3日、ついに到着いたしました!

ジャーン!

ジャジャーン!!想定内ではあるものの、やはり家に置くとデガい!

座り心地は固めでいい感じ。でもまだ1日では座り慣れない。座って眺めるテレビの高さにも違和感が…これは慣れの問題でしょうが。

お高かったので緊張して正直くつろげません!

そして到着の夜にはすでに生活感が!

実際の色味は夜の照明下での画像に近いかなぁ。

椅子にも床にも傷がつかないように早速、100均のフェルトシートを足に張りました。

この高さがあるので、奥のお掃除ロボットも活躍できます。

丁寧に扱う親をよそ目に、子供たちは遠慮なく遊び場にします(汗)

いいのです。お高い耐久テストをやっていると思って、この先も時々更新させていただきます。この到着時新品の質感と感動を画像と記憶におさめて、先ずは座りなれることですね。

あと、子供たちに椅子を大切に扱うように指導の再徹底です。

まとめ

結局のところ、我が家は良いものを長く使うという選択に至りました。

安いソファーでも非常に満足できる商品は無数にありますし、愛着をもって使えるかがポイントだとおもいます。ソファー選びに正解はありません。

ただ、座り心地だけは「評判」でもよいので確認できるにこしたことはありません。

未分類

Posted by ちゅん