電験3種過去問理論

【電磁気】コンデンサに関する知識《空所問題》

 図のように、真空中で2枚の電極を平行に向かい合せたコンデンサを考える。各電極の面積をA、電極の間隔をlとし、端効果を無視すると、静電容量は【(ア)】である。このコンデンサに直流電圧源を接続 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】直線電流がつくる磁界が打消し合う点《計算問題》

 図のように、十分に長い直線状導体A、Bがあり、AとBはそれぞれ直角座標系のx軸とy軸に沿って置かれている。Aには+x方向の電流Ixが、Bには+y方向の電流Iyが、それぞれ流れて ...

電験3種過去問理論

【電磁気】静電誘導に関する知識《正誤問題》

 次の文章は、静電気に関する記述である。
 図のように真空中において、負に帯電した帯電体Aを、帯電していない絶縁された導体Bに近づけると、導体Bの帯電体Aに近い側の表面c付近に【(ア) ...

電験3種過去問理論

【電磁気】コンデンサ内部の電位《計算問題》

 極板A-B間が比誘電率εr=2の誘電体で満たされた平行平板コンデンサがある。極板間の距離はd、極板間の直流電圧はV0である。極板と同じ形状と大きさをもち、厚さがd/4の帯電していない導体を図 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】線導体に生じる力《計算問題》

 図のように、透磁率μ0の真空中に無限に長い直線状導体Aと1辺aの正方形のループ状導体Bが距離dを隔てて置かれている。AとBはxz平面上にあり、Aはz軸と平行、Bの各辺はx軸又はz軸と平行である。 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】複数の点電荷に働く力《計算問題》

 図のように、真空中の直線上に間隔rを隔てて、点A、B、Cがあり、各点に電気量QA=4×10-6、QB、QCの点電荷を置いた。これら三つの点電荷に働く力がそれぞれ零になった。このとき、QB及び ...

電験3種過去問理論

【電磁気】平行平板コンデンサの誘電体《正誤問題》

 極板A-B間が誘電率ε0の空気で満たされている平行平板コンデンサの空気ギャップ長をd、静電容量をC0とし、極板間の直流電圧をV0とする。極板と同じ形状と面積を持ち、厚さがd/4、誘電率 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】帯電コンデンサの結合《計算問題》

 図1及び図2のように、静電容量がそれぞれ4と2のコンデンサC1及びC2、スイッチS1及びS2からなる回路がある。コンデンサC1とC2には、それぞれ2と4の電荷が図のような極性で蓄えられている ...

電験3種過去問理論

【電磁気】電流がつくる磁界の大きさ《計算問題》

 図1のように、1辺の長さがaの正方形のコイル(巻数:1)に直流電流Iが流れているときの中心点O1の磁界の大きさをH1とする。また、図2のように、直径aの円形コイル(巻数:1)に直流電流I ...

電験3種過去問理論

【電磁気】導体がつくる磁界の影響《正誤問題》

 図に示すように、直線導体A及びBがy方向に平行に配置され、両導体に同じ大きさの電流Iが共に+y方向に流れているものとする。このとき、各導体に加わる力の方向について、正しいものを組み合わせた ...