電験3種過去問理論

【電磁気】円電流がつくる磁界の強さ《正誤問題》

 図のように、原点Oを中心としx軸を中心軸とする半径aの円形導体ループに直流電流Iを図の向きに流したとき、x軸上の点、つまり、(x,y,z)=(x,0,0)に生じる磁界のx方向成分H(x) ...

電験3種過去問理論

【電磁気】点磁荷がつくる磁界の強さ《計算問題》

 長さ2mの直線状の棒磁石があり、その両端の磁極は点磁荷とみなすことができ、その強さは、N極が1×10-4Wb、S極が-1×10-4Wbである。図のように、この棒磁石を点BC間に置いた。こ ...

電験3種過去問理論

【電磁気】帯電導体球に働く力《計算問題》

 次の文章は、帯電した導体球に関する記述である。

 真空中で導体球A及びBが軽い絶縁体の糸で固定点Oからつり下げられている。真空の誘電率をε0、重力加速度をgとする。A及びBは同じ大 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】ヒステリシス曲線に関する知識《空所問題》

 図は、磁性体の磁化曲線(BH曲線)を示す。次の文章は、これに関する記述である。

直交座標の横軸は、【(ア)】である。
aは、【(イ)】の大きさを表す。
鉄心入りコイ ...

電験3種過去問理論

【電磁気】コイルの相互インダクタンス《計算問題》

 環状鉄心に、コイル1及びコイル2が巻かれている。二つのコイルを図1のように接続したとき、端子A-B間の合成インダクタンスの値は1.2Hであった。次に図2のように接続したとき、端子C-D ...

電験3種過去問理論

【電磁気】コンデンサに蓄えられるエネルギー《計算問題》

 極板の面積S、極板間の距離dの平行板コンデンサA、極板の面積2S、極板間の距離dの平行板コンデンサB及び極板の面積S、極板間の距離2dの平行板コンデンサCがある。各コンデンサは、 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】磁気遮へいに関する記述《空所問題》

 図のように、磁極N、Sの間に中空球体鉄心を置くと、NからSに向かう磁束は、【(ア)】ようになる。このとき、球体鉄心の中空部分(内部の空間)の点Aでは、磁束密度は極めて【(イ)】なる。これを ...

電験3種過去問理論

【電磁気】円電流がつくる磁界の強さ《計算問題》

 図のように、長い線状導体の一部が点Pを中心とする半径rの半円形になっている。この導体に電流Iを流すとき、点Pに生じる磁界の大きさHはビオ・サバールの法則より求めることができる。Hを表す磁 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】点電荷がつくる電位の平面分布《計算問題》

 真空中において、図のようにx軸上で距離3d隔てた点A(2d,0)、点B(-d,0)にそれぞれ2Q、-Qの点電荷が置かれている。 xy平面上で電位が0Vとなる等電位線を表す図として、最 ...

電験3種過去問理論

【電磁気】強磁性体の磁気飽和現象《空所問題》

 次の文章は、ある強磁性体の初期磁化特性について述べたものである。
 磁界の向きに強く磁化され、比透磁率μrが1よりも非常に【(ア)】物質を強磁性体という。まだ磁化されていない強磁性 ...